将来の安定を手放したら、現在の充実と幸せがやってきた

サラリーマン人生を26年半過ごし、

サラリーマンの不自由さを理解し、

さらには自分の能力や限界を知り、

自分も親も年齢を重ねて行くにつれ、

死から生を見るように変わってきた。

            

「あした死ぬかもしれない」

「次の瞬間死ぬかもしれない」

「生きる保証なんてどこにもない」

「いつかなんて来ないかもしれない」

「待ってる間も死に近づいている」

「親もずっと生きている訳ではない」

「パートナーも死ぬかもしれない」

「一緒に暮らさない人生でいいのか」

「死ぬときに後悔しないのか」

「本当に今のままでいいのか」

・・・・・

          

つまり、今やりたいことだけが、

心の底から浮かび上がってきて、

早期退職の行動につながったのだ。

退職することに決めました」と

上司に伝える勇気につながったのだ。

 

・故郷でパートナーと一緒に暮らしたい

・親の介護に向けての早めの準備がしたい

・不自由なサラリーマン生活を終らせたい

・そして自分の思い通りに生きてみたい

             

サラリーマン生活から無職へ、

簡単な決断ではなかったが、

死から生を考えれば、覚悟は決まる。

将来の収入(生活の安定)は手放したけど、

現在の充実と幸せを手に入れる事が出来た。

人生に必要なことは、

「愛と勇気とサムマネー」(byチャップリン)

今は、よーく理解できる言葉だ(笑)

          

本日もお読み頂きありがとうございます。

 

↓全てが自己責任の生き方です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイアランキング