早期退職してからは、判断基準はシンプルに、やりたいことをするだけ

早期退職して、仕事をしなくなってから、

1ヶ月半の月日が過ぎて思うことがある。

サラリーマンをしている時は、

仕事や誰かのせいにしてきたことが、

今では全て自分のせいにすることができる。

これが一番、良かったことかもしれない。

「自分よ、何をどうしたいのか?」

「やりたければ、やればいい」

「やりたくなければ、やらなくていい」

判断の基準がシンプルで明確になった。

生きるのも死ぬのも自分の責任だと思える。

             

会社組織に属していれば、

自ずと会社や労働組合に依存し、

心の何処かで、期待することもあった。

どこか他人任せのサラリーマンだった。

自分の判断の基準ですら曖昧で、

いろんなことを総合的に判断していた。

忖度することにも、労力を費やしていた。

これが嫌なことだったから、

少しでも自由に生きたいと考え退職した。

その判断、今は、良かったと思っている。

           

いつまで生きるか解らない、

突然死んでしまうかもしれない、

将来なんて、予想できるものではない。

人生に成功も失敗もない。

正しい生き方とかも存在しない。

言葉では解るが、実感するのは難しい。

ただ、判断の基準をシンプルにすれば、

やがて感じる事ができそうに思えるのだ。

「あなたは、今、それをやりたいのか」

「やりたいから、やっているのだ(笑)」 

        

本日もお読み頂きありがとうございます。

           

↓全てが自己責任の生き方です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


セミリタイアランキング