早期退職でスッキリした気分になるのは、時間を今の大切なことに使うから

サラリーマンをやっていた35歳位に、

漠然とした将来への不安を感じた日から、

恐らく、現在の時間を将来の準備のために

使い始めるようになったのだろう。

将来の準備のためとは・・・

退職後や老後の安定安心の確保のために、

考える時間、行動する時間を使うことだ。

それによって失ったのは、今を生きると

いう感覚、さらに言えば、現在の充実感

と言えるかもしれない。

そんなことには気づかずに生きてきたが、

早期退職前の数ヶ月のような心的状態を

思い出せば、やっぱりずっと、そんな生き方

をしてきたなと感じる。

つまり、将来の安定安心を求めるが余り、

今やりたいことを後回ししている状態が、

漠然とした将来への不安を感じた日から、

ずっと続いてきていたのだ。

「未来>現在>過去」の状態である限り、

将来のことばかり考えて生きている。

早期退職で「現在>未来>過去」の状態に

なり、将来のことは考えたくなくなった。

たぶん、残り少ない人生も助けてくれて、

20代の気持ちで生きれるようになった。

漠然とした不安と伴に生きるのでは無く、

自分で決める人生を最優先するために、

自分の時間を今の大切なことに使うのだ。

早期退職でスッキリした気分を感じるのは、

誰と、何処で、何を大切にして生きるかを

自分で決めることが出来たからだと思った。

本日もお読み頂きありがとうございます。

             

↓生き方を選択できる時代です!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村